本文へ移動

ショートステイ森の里

ショートステイ森の里での取り組み

平成最後の初詣

開けましておめでとうございます。今年は雪蹊寺へ初詣に利用者様11人、職員6人で出かけました。熱心に気持ちを込めて参拝されていました。今年も一年ショートステイ森の里をよろしくお願いします。

ピンクのじゅうたん歩きました!

11月の外出として高須のコスモス畑に行ってきました!気候は寒くなってきていましたが、秋空のもとピンクの絨毯を歩いてきました。
このときちょうど虹も出て絵に描いたような絶景で利用者様の笑顔も満開でした。
これからも月二回の外出を楽しんで行きたいと思いました。

Tシャツアート展!開催

5月、6月の作品つくりとして『藍染』を行いました。
染め方を14種類から皆様に選んでいただき、選んだ染め方が出来るTシャツの折り方を一緒に確認しながら、利用者様に折っていただきました。
説明に載ってない独自の折り方をする方もいたりと、皆様楽しめていました。
出来上がりを見たときは皆様喜ばれ、『これはワシが作ったぞ』と言われたり自慢される方も多くおられました。

ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

第25回ヘリオス納涼祭に参加しました。

2021-08-13
輪投げでハッスル
出し物を楽しんで!
たまや―!
コロナ過の中ですが感染対策も行い、納涼祭を開催し、われらがショートステイ森の里も参加致しました。
今年は感染対策の為、ご家族様や地域の方もご遠慮いただきましたがご利用者様は楽しまれておりました。
感染対策の為、会場は人数制限も行って日中に縁日を行いました。
普段笑われないような利用者様も輪投げやヨーヨー釣りなどを行い、上手に出来たときは喜ばれていました。
16:30~の出し物も皆さん楽しんでおられ、ステージに行こうとされる方もおられました。
花火も皆さん喜ばれていました。
早くご家族様や地域の方も一緒に楽しめる納涼祭を開催できる状況になればいいなと思います。

皆でねじって藤の花

2021-04-16
藤棚を散策
アップしたらこんな感じ
お久しぶりです。
新型コロナウイルス感染状況が終息しないなか、皆様いかがお過ごしでしょうか。
ショートステイ森の里でも外出できない日々が続いております。
そんな中、利用者様に何か楽しみを持ってもらいたい!ということで藤棚を作る事としました。
大中小のお花紙を一つ一つねじってもらい組み合わせて作りました。
出来上がりを見た利用者様には「これはブドウ?」との声もありましたがなかなかの出来に満足しています。
来年はみんなで外出して本物の藤棚を見に行きたいです!

2020-08-12
ヘリオス納涼祭
利用者さんも参加
スティールパン演奏
職員による寸劇
今年のヘリオス納涼祭は新型コロナ対策の為、縮小して行いました。
外出などをショートステイでも自粛していたので久々のイベントに皆さま喜ばれていました。
納涼祭は1時間だけ行いその後時間を空け、新型コロナウイルス終息祈願の花火も上げました。
来年はいつも通りのご家族、地域の皆様と一緒に楽しめるお祭りが出来る事を祈っております。
2020-04-22
お花見2020 (4月7日決行)
「きれいに咲いちゅうね~」
お花見弁当
桜を見ながら春の歌
新型コロナウイルス感染拡大防止の為に、当事業所も楽しみでもある外出などを控えております。
利用中の方より「せっかくこんなに桜が咲いてるからお花見したいね」との話があり例年より間隔をあける様にして
テーブル等の配置もし、安全にお花見をしました。
皆さん口々に「きれいなねー」と気分転換も出来ていました。
風はちょっと肌寒かったですが途中から日も出てきて過ごしやすかったです。
こんな風に外出が早く出来るようになりたいなーと思う今日この頃です。

ショートステイ森の里の年末年始!

2020-01-22
明けましておめでとうございます!
令和初めてのお正月を迎えました。
ショートステイ森の里の年末年始は餅つきから始まり利用者様に季節感を感じてもらえるようなイベントを行いました。
今年も地域とのつながりを大切にし、利用者様に喜んでもらえるようなイベントを企画して行きたいと思います。
遅くなりましたが本年も宜しくお願い致します。
餅つき
書き初め
初詣
境内散策
新年会
作品作り
ヘリオスの場所
社会福祉法人 ふるさと会
〒781-0240
高知県高知市横浜20番1
TEL.088-848-2002
FAX.088-848-2005

①第1種社会福祉事業 特別養護老人ホームの経営、軽費老人ホームの経営
②第2種社会福祉事業 老人デイサービス事業の経営、老人短期入所事業の経営、老人介護支援センターの経営、老人居宅介護等事業の経営
③公益を目的とする事業 この法人は社会福祉法第26条の規定により、利用者が個人の尊厳を保持しつつ、自立した生活を地域社会において営むことが出来るよう支援すること等を目的として、次の事業を行う 居宅介護支援事業、配食サービス事業
④収益を目的とする事業 この法人は社会福祉法第26条の規定により、次の事業を行う 貸室業 土地の貸付業
TOPへ戻る