施設内通貨について

施設内通貨zeyo(ぜよ)について

 当施設では平成264月より施設内通貨zeyo(ぜよ)を導入しています

 

zeyo (ぜよ)導入の目的】

  当施設をより楽しく過ごして頂くための道具

zeyo(ぜよ)を使って

各種行事(お祭り・バザー・各種ゲーム・脳トレ・リハビリ)を

より楽しく取り組んで頂くための一つの道具

  自立支援

「自立」とは「自分で立つこと」であり

「支援」とは「支えて」「援(たす)ける」こと

利用者様ができないことを職員が代わりに行うのではなく

「支えて」「援ける」ことを促す

  受動的活動から能動的活動への転換

受動的(受け身で職員の促しがないと活動しない)ではなく

能動的(利用者様、自らが活動する)な活動を促すための道具

  職員のスキルアップ

私たちは介護のプロである

zeyo(ぜよ)を通して多彩なサービスを提供し、サービスの幅を広げる

以上の事を目的として導入しました

施設内通貨zeyo(ぜよ)

zeyo(ぜよ)を使う

 コーヒーやカルピス・オレンジジュース・昆布茶など好きな飲み物の注文
好きな職員と写真を撮り、現像(シール)することができる
肩もみやハンドマッサージ
おやつバイキング・健康講座・ヨガ教室・各種コンサートへの参加
当施設で実施しているバザーやお祭りにて商品や食べ物の購入
リハビリ新聞・デイ新聞などの購入…など

zeyo(ぜよ)を使う

ヘリオスの場所
社会福祉法人 ふるさと会
〒781-0240
高知県高知市横浜20番1
TEL.088-848-2002
FAX.088-848-2005

①第1種社会福祉事業 特別養護老人ホームの経営、軽費老人ホームの経営
②第2種社会福祉事業 老人デイサービス事業の経営、老人短期入所事業の経営、老人介護支援センターの経営、老人居宅介護等事業の経営
③公益を目的とする事業 この法人は社会福祉法第26条の規定により、利用者が個人の尊厳を保持しつつ、自立した生活を地域社会において営むことが出来るよう支援すること等を目的として、次の事業を行う 居宅介護支援事業、配食サービス事業
④収益を目的とする事業 この法人は社会福祉法第26条の規定により、次の事業を行う 貸室業 土地の貸付業