本文へ移動

デイサービスセンター森の里

デイサービスセンター森の里

「その人の在宅生活を最後までサポートさせて頂く」
当施設は利用者様が住み慣れた地域で、その人にとっての「当たり前」を尊重したケアを提供させて頂きます。
介護職員・看護職員・生活相談員・理学療法士が連携をはかり在宅生活をサポートします。

職員紹介

統括主任 岩井和人
職種:理学療法士(脳卒中認定理学療法士)
趣味:サッカー・キャンプ・読書・車・ランニング・自転車
利用者様、ご家族、職員にとって「笑顔」の絶えない環境を提供させて頂きます。
在宅生活を支えるため、各種運動メニューの立案や動作指導・福祉用具の選定を行っています。筋力や関節の動きだけでなく、本人様の自発性・活動性を引き出すような関わりを持ちたいと考えています。
主任及び管理者 山本 直美
職種:介護福祉士
趣味:映画鑑賞・読書・スイーツ・散歩
久しぶりにデイサービスセンター森の里に戻って若い職員に刺激を受けながら、日々奮闘しています。利用者様に「ありがとう」「頑張ってくださいね」と声を掛けられ、支えられています。利用者様が住み慣れた地域で「その人らしく」日々の生活が送れるよう、職員一同、頑張っていきたいと思っております
 
介護職リーダー 吉田 崇文
職種:介護福祉士
趣味:フットサル
「元気があれば、何でもできる‼」をモットーに、常に笑顔で利用者様との関わりを第一に考えています。当施設は多彩なレクリーションを提供させています。「森の里に来てよかった」「ゆったりできた」「楽しかった」と言って頂けるよう、尽力していきます。
介護職は約10名在籍しており、多彩なレクリエーションや施設内通貨(zeyo)を用いた各種行事を提供させて頂きます。利用者様の価値観や習慣・想いを尊重し、利用者様に寄り添ったケアを行っています。
明るく、前向きな職員がおおく、働きやすい職場となっています。私たちと楽しい時間を過ごしましょう‼
看護職リーダー 立石 昂也
職種:准看護師
趣味:サッカー・サーフィン・料理・バイク
心身両面のケアができる看護師の強みを活かし、デイサービスのご利用者様の些細な変化を見逃さず対応することを念頭に置き、ご利用者様の在宅生活を全力でサポートさせていただいてます。「今日も1日ありがとう」「また明日ね」といった他愛のない会話。ご利用者様の当たり前の日常を支えるため在宅生活での問題解決の思考を持ち、看護師としてご利用者様に安心して相談して頂ける最も身近な存在になれるよう日々努力しています。
看護職は3名在籍しており、充実した看護ケアを提供させて頂いています
利用者様の体調管理(服薬・水分・食事・痛み・傷等の管理)については必要に応じて毎回実施。重度介助者の方も利用できるよう充実した看護体制をとっています。
心身の衰えに伴う今後の不安を抱えている利用者様もおおくおられます。不安や生活の悩みについてもお話を傾聴することで、不安を軽減することができると考え、個別の問診を実施するようにしています。心身共に安心して当施設を利用できるよう利用者様をサポートしていきます‼

デイサービスセンター森の里のブログ

介護職員 募集‼

当施設では稼働率上昇に伴い
介護職員の募集をしています!!
 
「その人(利用者様)の在宅生活を最後までサポートする」をモットーに介護職員が中心の楽しい職場です
是非、一度、施設見学に来てください!!
お気軽にお問合せください
 
担当:岩井 和人
 
 

施設内通貨zeyo(ぜよ)について

施設内通貨とは当グループ内だけで使用できる「通貨(お金)」の事です。炊事作業等のアルバイトや各種リハビリを行う事でzeyo(ぜよ)を稼ぐことができます。
稼いだzeyo(ぜよ)はバザーの買い物や毎日の飲み物、当施設で開催される納涼祭の模擬店など、当施設及びグループで開催される各種イベントで使用することができます。
施設内通貨を稼ぎ・使うことで利用者様の活動性の向上や自立支援の一助になればと考えています。
 
 

ノーリフティングケアについて

当施設ではノーリフティングケアを進めています。
腰痛予防を目的に適切な介助方法と福祉用具の選定を行っています。
・リフト・スライドボード・各種シートグローブの導入
・多くの職員が高知家統一ケアセミナーを受講
・組織として定期的な勉強会を開催
ヘリオスの場所
社会福祉法人 ふるさと会
〒781-0240
高知県高知市横浜20番1
TEL.088-848-2002
FAX.088-848-2005

①第1種社会福祉事業 特別養護老人ホームの経営、軽費老人ホームの経営
②第2種社会福祉事業 老人デイサービス事業の経営、老人短期入所事業の経営、老人介護支援センターの経営、老人居宅介護等事業の経営
③公益を目的とする事業 この法人は社会福祉法第26条の規定により、利用者が個人の尊厳を保持しつつ、自立した生活を地域社会において営むことが出来るよう支援すること等を目的として、次の事業を行う 居宅介護支援事業、配食サービス事業
④収益を目的とする事業 この法人は社会福祉法第26条の規定により、次の事業を行う 貸室業 土地の貸付業
TOPへ戻る